読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kritaでぐるぐるお絵かきブログ

オープンソースペイントソフトKritaのニュースや使い方情報、海外チュートリアルの翻訳など。

Krita2.9:変形ツールの話、パート2(ケージ変形、歪み)

ケージ変形


Krita Cage Tool Demo - YouTube

ケージ変形は2.9から追加された変形機能で、変形したい箇所を取り囲むようにアンカーポイントを配置して変形操作が行えます。

f:id:sp_cute:20150308150617p:plain

ケージ変形を選ぶと、「キャンバスに3点以上のアンカーポイントを作成してください」と注意書きがでます。キャンバスをクリックするとアンカーポイントを配置できます。

f:id:sp_cute:20150308150627p:plain

3点以上配置すると、「Add/Edit Anchor Points(アンカーポイントの追加編集)」と「Deform Layer(レイヤー変形)」のモードを切り替えられるようになります。

なお、ワープ変形と同様に、複数ポイントの操作も可能です。Ctrlキーで複数選択、ケージ内をドラッグで選択したポイントの移動、ケージ外をドラッグで選択ポイントの回転、Ctrlキーを押しながらケージ外をドラッグで選択ポイントの拡大縮小です。

歪み(Liquify)

f:id:sp_cute:20150308151440p:plain

ブラシで直接キャンバス上に変形を適用できます。

f:id:sp_cute:20150308151847p:plain

変形操作は5タイプ、上から、移動、拡大縮小、回転、オフセット、Undo(他のツールの効果の打消し)です。

ModeはBuild up(際限なく変形を適用)、Wash(後述のAmountを変形リミットとして使用)の2つです。

Sizeはブラシの大きさで、横のスタイラスアイコンで筆圧をブラシの大きさに使うかを切り替えられます。

Amountは変形強さ。

FlowはWashモードの時の変形の適用速度です。

Spacingは変形のブラシ間隔です。

Reverseで変形効果を反転できます。