読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kritaでぐるぐるお絵かきブログ

オープンソースペイントソフトKritaのニュースや使い方情報、海外チュートリアルの翻訳など。

Krita3分チュートリアル:画像サイズの話(新規作成&サイズ変更)

新規作成の画像サイズ指定

File>Newの新規画像作成ダイアログで画像サイズの指定ができます。

f:id:sp_cute:20150427194926p:plain

f:id:sp_cute:20150427194947p:plain

左メニューの幅を広げると全部表示されます。最近開いたドキュメント、カスタムサイズのドキュメント、クリップボードから作成、各種テンプレート

f:id:sp_cute:20150427195228p:plain

デフォルトはピクセルでのサイズ指定ですが、cmといった印刷サイズでの指定(およびdpi指定)も可能です。

f:id:sp_cute:20150427195213p:plain

PredefinedからA4やテクスチャでよく使う512x512といったサイズ指定を使うこともできます。

作成後のサイズ変更

作成後のサイズ変更は、Scale Image To New Size(新しいサイズに合わせて画像を拡大縮小)と、Resize Canvas(画像は等倍のままキャンバス領域を変更する)などで行えます。

f:id:sp_cute:20150427195551p:plain

f:id:sp_cute:20150427195708p:plain

Scale Image To New Sizeでは、上側でピクセルかパーセントでのサイズ指定、下側が印刷サイズでのサイズ指定ができます。

f:id:sp_cute:20150427195731p:plain

通常はピクセルでのサイズ指定と印刷サイズ指定が連動していますが、Adjust print size separately(印刷サイズだけ独立して調整)をチェックすると、ピクセルの画像サイズはそのままで印刷サイズを変更できます。(dpiが自動で変更されます)

f:id:sp_cute:20150427195737p:plain

Resize Canvasでは画像の中身は等倍のままキャンバスの大きさを変更できます。

f:id:sp_cute:20150427200006p:plain

また、これらのメニュー以外でも、キャンバスの延長が可能です。キャンバスの外の領域にスクロールすると端にキャンバス拡大の矢印が表示されます。これをクリックすると矢印の方向にキャンバスが拡張されます。

この擬似無限キャンバス機能は、スケッチをしていてもうちょっとキャンバスを広げたい、といった場合に便利です。

f:id:sp_cute:20150427200124p:plain