読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kritaでぐるぐるお絵かきブログ

オープンソースペイントソフトKritaのニュースや使い方情報、海外チュートリアルの翻訳など。

Krita1分チュートリアル:クローンブラシの使い方(ヒールもありますよ)

Kritaでのクローンツール、ヒールツールは「Clone」ブラシエンジンで実装されています。Kritaにもともと用意されているブラシのプリセットではClone_Toolがこのブラシエンジンを使っています。

「Clone」ブラシエンジンでは普通のブラシ形状を決める設定の他に…

f:id:sp_cute:20150513161629p:plain

Cloneブラシエンジンの挙動をコントロールする設定項目があります。

f:id:sp_cute:20150513161859p:plain

Clone_Toolプリセットを選択すると、ブラシカーソルが2つ表示されます。×印が付いているのが描画ターゲット、ついていないのがコピー元です。

コピー元と描画ターゲットのオフセットを変更する方法は以下です:

  1. Ctrl+クリックで、コピー元の位置を選択。(その場所にブラシ形状カーソルが描画される)
  2. 望むオフセット位置に描画を開始
  3. Cloneブラシエンジンの挙動をコントロールする設定項目で、Source Point move(コピー元の移動)のオプションがオンになっている(Clone_Toolのデフォルトではオン)と、描画位置に合わせてコピー元の位置が移動します。オフになっているとコピー元の位置は動きません

デフォルトではアクティブなレイヤー内からクローンを行いますが、Clone from all visible layers(可視レイヤーすべてからクローン)をオンにすると、他のレイヤーの中身も含めてクローンができます。

Healing(ヒール/修復)のオプションをオンにすると、クローンではなくヒールブラシとして機能します。写真のレタッチなどではこちらが便利かもしれません。