読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kritaでぐるぐるお絵かきブログ

オープンソースペイントソフトKritaのニュースや使い方情報、海外チュートリアルの翻訳など。

【翻訳】Kritaでの線画作成Tips

Krita 翻訳チュートリアル

David Revoyさんによる、Kritaでの線画作業チュートリアルの翻訳です。ペッパー&キャロットPatreonの支援者が選んだテーマのチュートリアルです。チュートリアル本体は動画ですが、blogに書き出されていたテキスト部分の翻訳です。(今回はKritaの日本語翻訳に合わせて紹介しています)

www.davidrevoy.com

youtu.be

イントロ

こんにちは、David Revoyです。Krita2.9での線画、ペン入れのtipsについてのこの動画にようこそ。

[/]キーを使った2つのプリセットの切り替え

ペン入れをするときには、おそらく、消しゴムプリセットとペンのプリセットの2つを頻繁に切り替える必要があるでしょう。

切り替えを行う一番早い方法は、キーボードの数字パッドの[/]キーを使うことです。

このキーは、今使っているプリセットと、一つ前に使っていたプリセットを切り替えます。

作品を開いたら、まず消しゴムプリセットを選択して、それからペンのプリセットを選択します。

そうすると、ペンで描くことができ、消しゴムを使いたい時だけ[/]キーで切り替えて、またペンに戻れます。

補足:このテクニックはどのプリセットの間でも機能します。

スケッチを明るい青色に変換

スケッチの上にペン入れをしていて、ペン入れ結果の方をもっとよく見えるようにするために、スケッチの表示を明るくしたいと思うかもしれません。スケッチ表示を明るい青色に変換すると、ペン入れの結果が確認しやすくなります。

レイヤーを青色にする方法はいろいろありますが、私が見つけたデータを破壊せずリソースをあまり使わない方法は、レイヤープロパティで「青」のチャンネルのチェックを外し、不透明度を下げる、というものです。

この方法を使うと、ペン入れをしながら、スケッチレイヤーにも手を入れる時にも、黒や暗い色が自動的に明るい青色に変換されます。

補足:この方法はグループレイヤーにも使用できます

 ツールバーにスタビライザーを追加

私は線のスムーズ化のためにKritaのスタビライザー(安定化)機能を多用しています。

ただ、作業途中でオフとオンを頻繁に切り替える必要があるのですが、「ツールのオプション」を常に表示しておくと画面が狭くなってしまいます。

上部のツールバーを右クリックすると、カスタマイズすることができます。利用可能なアクションから「ブラシのスムージング」をフィルタで絞り込んで、「基本」と「ぶれを補正」をツールバーに追加します。右側のパネルがツールバーの中身になります。

「適用」をクリックすると変更内容を確認できます。

機能のテキストを「オン」「オフ」といった短いものに変更することもできます。

これで平滑化モードを簡単なボタンで切り替えられるようになりました。

変形

ペン入れしている部分のプロポーション調整や、移動は難しいことがあります。

ペン入れレイヤーだけを移動すると、同じ移動を下のレイヤーに再現して移動させるのは(特に複雑な移動の場合)困難です。

レイヤーをすべてグループ化して、グループに変形を適用させれば、一回の操作ですべてのレイヤーを変形可能です。

特定のレイヤーだけは変形させたくない場合は、変形操作前にレイヤーをロックすれば変形しません。

スピード線

Kritaを使って素晴らしいスピード線効果を描くことができます。

レイヤーを追加して、「定規補助線追加ツール」を選択し、「ツールのオプション」で、「平行定規」を選択します。

キャンバスをクリックすると定規を追加できます。

ブラシツールに戻って、ツールのオプションから「補助線」のチェックボックスをオンにします。

これで、定規に平行な線を描くことができます。

筆圧をつけていろいろな線を描くことができます。

描き終わったら、「定規補助線追加ツール」から定規を削除します。

描いた線に変形を加えることで、流れるような動きを出すことができます。

補足:他の種類の定規でもいろいろなスピード線が描けます。試してみましょう。

結論

今日のところはこれでおしまいです。この動画から学ぶことがあれば幸いです。

この動画チャンネルを改善し、成長させるための手助けは歓迎です。チャンネルに登録したり、シェアしたり、評価していただけるとうれしいです。

こうしたビデオチュートリアルを定期的に公開することを支援したいと思う方は、Patreonで私のパトロンになっていただけると助かります。

また、動画にコメントをいただければ、チェックします。

ありがとうございました、ペン入れを楽しんでください。